地盤調査OKパターン

 分譲地での新築工事では、地盤調査の結果が「NG」が多いです。
毎回の様に地盤補強工事をしています。

分譲地は擁壁を作った工事の後に、土を埋め戻すわけですが、
 ・掘ったときに出たゴロゴロした石を埋め戻しちゃったり
 ・そうでなくても、ただ土を入れただけで、転圧が不足していたり
と言う理由で、このままでは家が建てられない(建てたら不動沈下を起こす)という結果が、
地盤調査から出されることが多いわけです。

 今回の土地は、高い擁壁があり、地盤が弱いと、地盤補強工事も高額になること必至です。
入念にSS式地盤調査開始。
重りを付け、先が矢じり状の鉄のロッドをグリグリねじ込み、土地の状況を調べます。

 「柔らかいとまずいな…」
と不安に思いながら調査を開始すると、ごく浅い深さで、
すぐに堅くてロッドが入っていかない層に当たる…。

 これは、「ガラ」と呼ぶ、石(や最悪コンクリ廃材)を適当に埋め戻したのではないか?
と地盤調査会社の人間は、まっさきにそれを疑います。
写真は「ガラ」を無理矢理突き破ってから、その下の層を調べようと、
機械の振動ドリルの力を借りて掘り進もうとしている所です。



 「造成地の埋め立て地盤がこんなに堅いはずはない…」
そう言いながら、建物を計画している地点以外にも測定をしたものの、結果は同じ。
地盤調査会社の人間は小首をかしげて調査を終えたのですが、
分譲業者に図面を見せてもらい、納得しました。

 

 擁壁の工事の際の図面と共に、現場写真が几帳面に保存してありました。
深い擁壁に30cm刻みの目盛りをあてがい、30cm埋め戻しをしては振動ローラーで転圧する、
というのを繰り返しながら盛り土をしているのが分かります。

 これだけきちんとしてあれば、新しい造成地だけれども、地盤がしっかりと締まっているのも納得ですね。
これが本来の工事法ではありますが、売っちゃえば終わり、とばかりに、出来ていない現場が多いのです…。

 今回の土地は、いい仕事してる業者さんにより、地盤調査結果OKでした。