地盤調査~擁壁のある分譲地~

 上の写真のような擁壁がある場合、擁壁を作る際に、いったん周囲の土を大きく掘り出すため、
埋め戻しの土が軟らかく、【地盤補強が必要】と判断されることが多いです。

 地盤は一般的に、時間が経つことで締まるのはほんの表面だけで、
この様な擁壁近辺(2~3m)は、地盤が弱いことが多いです。

 地盤調査でも、擁壁近くは念入りに調査します。

 いったん堅い層に当たっても、それがたまたま石やゴミだったりすると正確なデータにならないので、
この様に、ダダダ~っという振動ドリルをロッドに取付け、堅い層を突き破り、
より深い層の検査をします。(もちろん、それが本当の岩盤なら、突き破れません)

 この現場では、この振動ドリルで破った地層の下に、まだ柔らかめの層がありました。

 

 地盤調査では、この様な機械を使うので、小型の発電機も使います。
ダダダ~っと合わせ、この発電機の音がします。

が、1~2時間で終わるので、そんなにうるさくはないと思います。

調査結果は数日後には出ます。