標高差調査~電子国土Webサイト~

 土地を探すときに、一般の方が気になるポイントは交通の便や子供の学区でしょうが、
家を建てる側からすると、大前提として、
・法的な問題
・地盤の強さ
・上下水道の有無
・敷地の高低差
などがすごく大事なポイントになります。

特に、敷地の高低差は不動産情報だけでは、一般の方は家づくり(特に金額)にどう影響してくるのか、が見定めにくいポイントです。

高低差は、擁壁や崖が問題になります。

「崖条例」というのがありまして、これは、自治体によってその運用基準が微妙に異なります。

詳細は難しいので割愛しますが、基本的には
「30度を超える部分は崩れる可能性があるので、その検討・対策をしなさい」
となります。

擁壁は、メジャーでわかりますが、斜面については、規模が大きいと測るのも大変。

 

 そんな時にお役立ちの目安になるサイト。
【電子国土Web】
なる、国土地理院のサイト。

住所を入れると、かなり細かく標高差を検索できます。

 マクスの住所を入力して、出てきた画像です。
画面中央の十字マーク部分が、標高何メートルなのかが画面下に表示されています。

 標高の目安として、ご活用されてみてはいかがでしょうか。