Googleマップで擁壁チェック

 土地を購入する際に気になるのは、
「その土地は以前どうだったか?」
ということです。

 

 沢・沼・津など、サンズイの付く地名は、昔水と関係があったから地盤が悪いとか。
水害の映像とか見ると、本当に怖いですものね。

 あと、以前田んぼや畑だった、とかいうと、地盤が心配。

 それから、地盤が良い地区でも、造成の場合は、埋戻しの土が転圧されてるか、これ重要。


 
 グーグル先生に聞いてみると、ヒントを教えてくれたりします。


たとえばこちらの不動産屋さん提供の写真。

  指差す部分は沢。数メートルの擁壁があります。
この擁壁の工事風景写真なんか載ってると最高ですが、不動産屋さんの写真では見たことないですね。



 グーグルアースで見てみましょう。

 立体的にみえますね。数メートルの擁壁で囲まれているのがわかります。
指差す部分、沢に面して擁壁が無いように見えます。実際見にいったらもちろんあるのですが。
この部分だけ後から擁壁やるのはちょっと考えづらいので、グーグル側の画像処理の問題でそう見えるだけだと思います。



擁壁工事というのはこんな感じです。

 

 作業者がいる部分、土で埋め戻されます。赤い部分が底盤。
ここに土の重みがかかることで、青い部分の擁壁が左側に倒れなくなるわけです。

 つまり、擁壁が高くなればなるほど、底盤が自分の敷地側に伸びていることになります。
この部分の土の埋戻しはしっかりやらないと、不同沈下の可能性も出てきます。

 擁壁の埋戻しがゆるい土の場合、色々困った問題が起きます。
この辺は、開発業者のモラルに期待するしかないのが怖い部分です。
擁壁のある造成地は地盤調査をして確認しましょう。



 もう一枚。茶畑の中の造成地。今のマクスOB様の土地。

 
 

 グーグルアースで見てみると、

 擁壁はないけど、土地の形通りにお茶の木が無い。
ずっとここは空き地だったんでしょうか?


 今度はグーグルマップストリートビューで確認。

 以前は茶畑だったことがわかりますね。


 グーグル先生はいろいろなヒントを教えてくれます。
土地探しの時は是非活用しましょう。