どちらの土地がいいですか?

  

 平屋を希望されているお客様がいらっしゃいました。

 気になる2区画の土地情報を持って、「どちらの土地がいいでしょうか?」と相談されました。
不動産情報によくある、真上から見た土地の形状と方位だけが記載された図です。

 上(Aとします)の土地の方が下(Bとします)の土地より東西に横長ですね。
日本の家は東西に横長の形状で、南面に大きな窓を配置して冬の日差しを取り入れるのが教科書的な理想の形です。

 もしこの土地に平屋を建てるなら、こんなカンジになるでしょうか。

 Aの方が理想的な家の形状で、住宅面積もちょっと広いです。
BとAをくらべたらAの土地ほうがオススメ…と言い切れるでしょうか。


 不動産情報の図だけでは大切な情報が抜けています。お隣さん問題です。
お隣さんの性格がモンスターでないことも大事ですがここではひとまず置いておいて、近隣の既存住宅の情報を収集します。

 調べた結果このような家が建っていました。

 お隣さんの家の影がそんなに気にならない?本当ですか?
日の光がほしい冬の昼間、元旦の正午の影のシチュエーションをしてみましょう。

 Aの家、大きな窓がドーンと欲しい部分にしっかり影が出来ています…。
お隣の影問題という点では、Bの土地の方がいいですね。



 土地探しは不動産情報だけで判断するのは禁物です。
やはり家づくりのプロ、工務店と一緒に探しましょう。

前の記事

鉢植えプランツ湿気対策